何倍も与えられているという事実

August 08, 2013

BLOG


与えようとすることで、その何倍も与えられているという事実
私の音楽や活動そのものに何か伝わるものがあったり、元気ややる気などを与えることが出来たらと思い活動してます。

笑顔で、一生懸命でいることが、誰かの何かのきっかけになれば、それだけで歌っている意味になると思ってます。

最近活動が増える中で感じることは、

「元気をもらっているのは私の方だ!」ということ。

発信、行動、したことによって応援してくれる人達が増え、さまざまなフィードバックを頂き、元気や勇気をもらっているからです。

だからこそ、もっともっと活動を広めていき、応援してくれている人達に返していきたい。
最近のフィードバックを少しピックアップして紹介します。

1人目は、イオンモール高崎さんで出会った高校生が先輩に向けて、「たからもの」を3人でアカペラするそうなのです!

先輩に捧げる曲として「たからもの」を選んでくれたことがとっても嬉しい(≧∇≦)

是非聞きたいぃ!!!!

2人目は、路上ライブで出会ったベース弾きの女の子。

ライブ終えて、帰ろうとしたときお疲れ様でした!とマジックでメッセージまで書いて缶コーヒーを買ってきてくれたのです。落ち込んでいる気持ちが晴れましたと笑顔で渡してくれたあの顔は忘れません。

この子だけではないのですが、路上ライブはたまたまそれぞれの用事があって通った道に私がいて、歌っていて、、、その中で忙しい中立ち止まってくれて、差し入れや投げ銭やCD買ってくれたり話かけてくれたり・・・

見知らぬ私を見て、歌聴いて、「応援します!」「頑張って!」と励ましてもらえることで、私の方が元気をもらってるんだなといつも気持ちいっぱいになります。

3人目は、アルバム「たからもの」を聞いて手紙を書いてくれた小学校の女の子。

シールが貼ってあったり、文字色なども工夫していて、一生懸命書いてくれたのがすごく嬉しい。

4人目は、ライブ告知を観て「元気をもらいにいくね!」といってくれた同い年の友達。私の伝えようとしてることが伝わっているんだという気持ちと、いいライブを頼むぞ~!といったような背中を押してくれるコメントが凄く嬉しかった。

こんな感じで、皆さんに育てられ、皆さんに助けられているから、今のyoshimiがいるんですね。

ありがとうございます!

でもなんか

ありがとうじゃ軽くきこえる気がして。

今後のyoshimiをみててくださいね!!!